2010年07月29日

ENGLISH TREKKING VOL.3 FUNDAMENTAL 80 VERBS SERIES


クリックすると所収動詞80とサンプルがご覧になれます。

   ENGLISH TREKKING VOL.3 FUNDAMENTAL80 VERBS SERIES

また受講生の方は,以下のアドレスから教材をご覧ください。

お知らせしたIDとPasswordを一度いれておけば、そのまま教材がご覧になれます。

また「イメージトレーニングシリーズ教材(PDF版)」もそのままご覧になれます。

   FUNDAMENTAL VERBS SERIES PART 1〜PART 4

オンライン通信講座受講者用ページ
スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 16:40 | [4] FUNDAMENTAL VERBS 80 SERIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

(英語で)流感が流行るでしょう





【どうして日本人は英語が話せないのか?】

私は、英語を教えている英語の先生、中学、高校、予備校、塾の先生がほとんど英語を話せないという現実を知るべきです。大前研一氏の「日本人が英語を話せないのは英語の先生がいるからだ」という指摘は 当を得ています。
今回から数回にわけてTwo Word Verbsについて述べます。

日本の英語教育では、これらの表現をイディオム、熟語、慣用などとしています。
確かにこれらの表現は、「意味ある単位」、つまりフレーズで成り立っている表現です。しかし日本の英語教育ではそれを「日本語訳とセットで丸暗記させる」ことになっていて、それを丸暗記できた人が「英語ができる人」だとされています。つまりこの人たちが
英語の先生、中学、高校、予備校、塾の先生」なのです。
彼らは英語の本質を教えないで、「日本語の発想」を教えているのに過ぎません。あるいは日本で売られている英会話、英文法の本もまったく同じです。だから日本人は英語を話せないということです。

イギリスの言語学者で、C. K. Ogden (1889-1957)という人は、Basic Englishというものを提唱し、基本16動詞と方位語との結びつきで日常会話のほとんどができるとしました。

 
 be, have, do, make, get, give, put, take, keep, let,
 go, come, seem, say, see, send

英語の発想には、方位や位置を用いてものごとを表現する特色がある。そういう意味で英語は分析的な言語だと言われ、その方位や位置を表すのが、英語では方位副詞や前置詞です。
しかし日本の英語教育では、方位副詞という名前はそのままだが、前置詞という名前をつけています。「前に置くことば」では何のことかわからなのは当たり前です。

明治時代には所位語と訳した人もいたが、元々英語では前置詞はprepositionです。positionというのは野球用語のポジション、つまり「位置」
のこと、だから私は、方位副詞と前置詞をまとめて方位語と呼んでいます。



 方位副詞の例

 away, back, down, up, off, on, out, over, up, etc.
 

 前置詞の例
 
 against, at, in, into, from, of, to, with,etc.



次回から、Let the dog out./Put the dog out,/Get the dog out./Take the dog out.などの表現について述べていきます。
あなたはこれらの表現をどう日本語に訳しますか?

=======================
今まで配信が滞りましたこと、深くお詫びします。
原因は、私が加入しているニフティがホームページの運営を突然やめたからです。

それによって、今まで配信してきたブログの記事に影響が出ました。

いまさら記事を書き換えることは不可能です。今さら恨んでもしかたがないことですが、腹立たしいことです。

以下のブログはほとんど記事の書き直しを終えています。

ブログ「今日の英会話学習情報 もっと自由に英語を話したい」

上記のブログのカレンダーの下に、以下の「マイカテゴリー欄」があります。
ぜひ、ブックマークをしてご利用ください。

( )内は、記事の数です。

マイカテゴリー


• どうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか(37)
• どうして日本人だけが英語を話せない?(4)

• ファンクションメソッド英会話動画(25)
• ファンクションメソッドって何だ!!(52)
• ブログ16の動詞でこれだけ話せる(681)
• ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞(650)
• ムリなく話せるイメトレ英会話学習法(561)
• ブログオウム返し英会話学習法(589)
• 英作文 逆転の発想法(222)
• TOEIC850点読解&イディオム(552)
• TOEIC850点攻略・文法編(364)
• Holistic Approach英会話 基礎編(483)
• Holistic Approach英会話 応用編(387)
書いて聞いて覚える中学英語学習(655))
「コミニカ中学英語基礎編」(411))
英語の九九英会話発想トレーニング(629))
TOEIC650点読解・イディオム(178))
プロ英語教師養成講座(166))
だから英語が話せない その傾向と対策(17))
=======================

今日の学習

今回から以下についての学習となります。

[3-1] BASIC VERBS PART 2 be動詞 Two Word Verbs Phrases 

■「存在」を表すbe動詞 beの動詞フレーズ解説
 beの動詞フレーズINDEX


ここには、be aboutからbe withoutまで、be動詞と46の方位副詞や前置詞+名詞の結びつきをとりあげています.
日本人の英語運用能力の貧しさを指摘する場合、様々なポイントがあるが、日本人にとって意外な盲点となっているのがこのtwo-word verbsだ。日本で教えているネイティブの英会話教師も、日本人の英語表現の貧しさを指摘する際、必ずこれを話題にする。実際、英会話学校に通っている人の多くが、「あなたはボキャブラリーが少ないですね、もっとボキャブラリーを増やす努力をしなさい」と指摘された経験を持っているはずだ。

be動詞は「存在」を表し、表現としては一般動詞と方位副詞や前置詞+名詞の結びつきの基礎となります。
今回から、46のbe動詞と方位副詞や前置詞+名詞の結びつきをとりあげていきます。
English Trekking教材を購入された方、あるいは当講座を受講されている方は、ホリスティクアプローチで学習してください。
いずれにしても文例を丸暗記するのではなく、着色された補語フレーズだけでその意味をとらえてください。
忘れてはならないのは、日本語訳ではなく、そのイメージを身につけることです.
今回は、以下の3つのフレーズです.記事は教材からの引用です.

(1) be about の動詞フレーズ (61) aboutのroot sense 「周囲」

aboutの本質的な意味は、「on all sides of 〜=〜の周りに」です。この意味から、最近では(a)roundを使われていることが多いです。
aboutの示す位置はかなり漠然としていて、日本語訳としては「〜のあたりに」「ぐるりと」「どこか〜の近くに」といったことになるでしょう。英語の、somewhere near, here and there, roundに相当します。
用法としては、方位副詞(単独で使われる場合)と、前置詞(名詞を伴う場合」があることに注意してください。
aboutが次のようなファンクションフレーズを作る場合がありますが、これもaboutの本質的な意味が洗われています。

  The plane is about to take off.
  その飛行機は離陸しようとしています

メタフォー(ひゆ的転用)では、「流行っている」といった意味にも使われます。英語の発想では単に「ぐるりにある」ということです。

be about (〜)  (具)「まわりにいる、およそ、〜について」
         (抽)「流行する」「流行っている」

(1) A number of servants were about in the room.
  その部屋には使用人が大勢いた
*a number of 〜は「多くの〜」の意味、つまり「多くの使用人があちちこちにいる」ということ。
(2) Influenza was about.
  流感が流行っていた
(3) Measles is about.
 はしかが流行っている
*Measlesは「はしか」という病名、病名の多くは複数の形をしているが、単数扱いをする。
また「風疹」はGerman measlesと呼ばれます.

(5) He's about [around] the house.
  彼は家の(中か周りか)どこかにいます
(6) This book is about trains.
  この本は列車についての本です


いずれにしも文法上の理屈より、実際の文例を通じで自分の言葉として身につけることが大切です。

 自由に英語を話すための最短学習プログラム be動詞フレーズの文の生産
be aboutbeing aboutbeen about
@ 現在形動詞フレーズA 過去形動詞フレーズ
(am, are is) about(was, were) about
B 原形動詞フレーズ C ing形動詞フレーズ D ed形動詞フレーズ
be動詞5段活用 VC感覚(動詞+形容詞)(はしかなどが)流行っている

【ファンクションメソッド be動詞フレーズ5段活用】 表現展開の例
@ 現在形動詞レーズ 「現在の事実・習慣を表す]
  Influenza is about.
  流感が流行っている
A 過去形動詞レーズ 「過去の一時点の事実を表す]
  Influenza was about.
  流感が流行っている
B 原形動詞フレーズ 未来形・情緒表現 「未来の事実・情緒などを表す] 
  Influenza will be about.
  流感が流行るでしょう
  Influenza may be about.
  流感が流行るかもしれない
  Influenza seems to be about.
  流感が流行っているようだ
C ing形動詞フレーズ 「継続的な意味などを表す] 
  原則として進行形は無し
D ed形動詞フレーズ 「過去を背負った現在の付帯状況]  現在完了形
  Influenza has been about.
  流感がずっと流行っている

ファンクションメソッド「即修一週間英語脳 構築プログラム」プロモーション

スポンサードリンク






[当研究会からのお知らせ]

当研究会からのお知らせ


Sample ファンクションメソッド独習テキスト
Sample 英会話発想トレーニング ALL
Sample 日常英会話必須基本16動詞HTML版
Sample ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞HTML版
Sample English-trekking vol-1 Basic
Sample English-trekking vol-3 Fundamental
Sample English-trekking vol-5 Essential 2

ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート
ファンクションメソッド英語研究会

スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 10:25 | [4] FUNDAMENTAL VERBS 80 SERIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。